社長挨拶

20世紀は目覚ましい経済成長に伴い、地球環境への負荷をもたらし大気汚染、オゾン層の破壊、温暖化など地球全体に深刻なダメージを与えてしまいました。こうして迎えた21世紀は「環境の世紀」として、世界中で環境問題に真剣に取り組まなくてはいけない状況になってしまいました。
日本では「循環型社会推進基本法」成立により循環型社会の形成の意識が高まり廃棄物処理は、従来の適正処理だけでなく3Rの推進が求められてきました。

  1. Reduce リデュース 発生の抑制
  2. Reuse リユース 再使用
  3. Recycle リサイクル 再生利用

私達には、自然からの恩恵に感謝し、未来の子供達にもこの素晴らしい地球を住みやすい環境として残していくという大切な使命があります。

当社は「法の遵守」を基に、廃棄物を「適正処理」出来る様に安全に回収し再資源化を促進する為の分別・選別に努力と工夫を重ね環境負荷の低減を図っております。また、持続的経済の発展を願い、さらなるサービスの向上を目指し健全な経営と運営に日々努め地球環境に貢献できる企業活動をして参ります。

平成20年3月吉日  株式会社トーホークリーン  代表取締役 前川 佑子